ファッション

「ルミネ ジャカルタ」に現地初上陸の20の日本ブランドが出店 12月7日開業

 ルミネは、インドネシアの首都ジャカルタで開発中の「ルミネ ジャカルタ(LUMINE JAKARTA)」のオープン日を12月7日に決定すると同時に、全出店ブランドを発表した。 “TOKYO MOOD”をコンセプトに、ジャカルタ初上陸の全20ブランドがそろう。ウィメンズファッション、メンズファッション、ファッション雑貨、ライフスタイル雑貨の4カテゴリで構成する。

 メーンカテゴリのウィメンズファッションは、「ドローイング ナンバーズ(DRAWING NUMBERS)」「リムアーク(RIM.ARK)」「アンスリード(UN3D.)」「フレイ アイディー(FRAY I.D)」「アストラット(ASTRAET)」など全9ブランド。メンズ・ウィメンズは「トゥモローランド(TOMORROWLAND)」、メンズは「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」が出店する。

 ファッション雑貨はジュエリーブランド「ドラマ アッシュ・ぺー・フランス(DRAMA H.P.FRANCE)」、眼鏡ブランド「ゾフ(ZOFF)」、帽子ブランド「オーバーライド(OVERRIDE)」、バッグブランド「スロウ オーセンティック グッズ ストア(SLOW AUTHENTIC GOODS STORE)」など全7ブランド。ライフスタイル雑貨はオーガニックコットンブランド「テネリータ(TENERITA)」、生活雑貨の中川政七商店が登場する。

 上記ブランドの他、フード、スイーツ、ドリンクを提供するカフェ「ルミネカフェ」も構える。“デザートかき氷”など日本をテーマにしたメニューを用意する。

 「ルミネ ジャカルタ」は、昨年11月にオープンした「ルミネ シンガポール」に次ぐ海外2店舗目。場所はオフィスと商業施設が集積するエリアの商業ビル内で、店舗面積は1200平方メートル。店舗運営は現地法人が行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら