ファッション

ラルフ ローレン 表参道がブランド設立50周年でリニューアル コーヒーショップ日本初上陸

 ブランド設立50周年を迎えた「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」は11月22日、表参道のフラッグシップストアに日本初上陸の「ラルフズ コーヒー(RALPH’S COFFEE)」をオープンする。19日、オープンに先駆けてメディアに公開した。

 店内は、「ラルフズ コーヒー」のロゴカラーでもあるグリーンのタイルの壁にピカピカのエナメルパネルをはめ込んだ。木製の天井、大理石のテーブルトップ、そして陶製のタイルを組み合わせた床など、さまざまな素材を組み合わせた。

 店内でサーブするのは、ニューヨークのコーヒーショップ「ラ・コロンブ(LA COLOMBE)」がラルフのために特別ブレンドした有機栽培の豆を用いたオリジナルブレンド(500円)やエスプレッソ(400円)など。マフィン(450円)やクロワッサン(290円)、サンドイッチ(1000円〜)、クッキー(400円)などの軽食も充実している。チョコレートバーは、ニューヨーク・ブルックリンのショコラティエ「ファイン&ロー(FINE & RAW)」が監修。ラルフ・ローレンの妻、リッキー・ローレン(Ricky Lauren)秘伝のレシピによるブラウニー(500円)も販売する。

 座席数は28。年内は不定休で、午前9時から午後8時(金、土曜は午後9時まで)まで営業する。

 ラルフ ローレン 表参道は同日、「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」のキッズラインを新規導入するなど、家族で楽しめるフラッグシップストアにリニューアルオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら