ファッション

「ザラ」が新グローバルECサイトをローンチ 新たに106の市場で購入可能に

 「ザラ(ZARA)」を擁するスペインのインディテックス(INDITEX)は11月8日、新たなグローバルECサイトをローンチし、新たに106の国と地域で同ブランドの購入を可能にした。

 新グローバルECサイトは「ザラ」の全コレクションを取り扱う。配送料や関税を含め決済はユーロで行い、支払いには主要クレジットカードの他、ペイパル(PAYPAL)が使用できる。商品はスペインから出荷し、3~7日で世界中に届けられる。今回新たに購入が可能になったのは、アンゴラ、コートジボワール、セネガル、ガーナなどのアフリカ諸国。また、カリブ諸国の一部およびインドネシアも含まれる。これにより「ザラ」は世界202の市場で購入可能となった。

 パブロ・イスラ(Pablo Isla)会長兼最高経営責任者(CEO)は、2020年までに世界のどこからでも「マッシモ デュッティ(MASSIMO DUTTI)」「プル&ベアー(PULL & BEAR)」「オイショ(OYSHO)」などを含む全傘下ブランドをECサイトで購入できるようにすると9月に発言していた。

 インディテックスはアパレル業界における変革の先頭を走っているが、顧客のショッピング方法に幅広い選択肢を提供することで購入までのプロセスにある障害を取り除き、スピードアップを図るのが狙いだという。「ザラ」は現在、世界96の市場に出店している。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら