ビジネス

ECプラットフォーム企業ショッピファイ、7~9月期は売上高1.5倍 ロサンゼルスのリアル店舗などで顧客サービスを充実

 オンライン中小企業のビジネス支援を行うECプラットフォームを運営するカナダのショッピファイ(SHOPIFY)の2018年7~9月期の売上高は、前年同期比57.5%増の2億7000万ドル(約299億円)、純損失が2300万ドル(約25億円)だった。

 ショッピファイは11日、ロサンゼルスに最初の実店舗をオープンした。同社の製品やサービス、新たなテクノロジーを紹介すると共に、常駐するスタッフが顧客のビジネスについてアドバイスを提供する。同店舗でのコンサルティングサービスを告知したところ、24時間以内に600のセッションが予約で埋まったという。

 また中堅オンライン企業を対象としたサービス“ショッピファイ プラス”も注目されている。月会費29ドル(約3219円)の基本サービスよりも手厚いサポートを月会費299ドル(約3万3189円)で提供する。同サービスは14年に始まり、同社の顧客の1%にしか利用されていないが、年間流通額は2100万ドル(約23億円)で、“ショッピファイ プラス”の月会費からの利益は収益全体の22%を占めるという。

 エイミー・シャペロ(Amy Shapero)最高財務責任者は、「新たな製品やサービスを次々と投入しており、クリスマス商戦に向けて出店者のサポートも充実させている」とコメントした。

 同社は米インテリアショップ、マグノリア マーケット(MAGNOLIA MARKET)とAR(拡張現実)テクノロジーを用いたアプリを共同開発した。このアプリを使ってインテリア商品の3Dイメージを選択すると、現実の部屋にその商品を置いたときにどう見えるか、サイズが合っているかなどを購入する前に確認できる。また、支払いサービス、“ショッピファイ ペイメント”も10カ国で提供しており、クレジットカード以外にも銀行振替を決済に利用できる。

 ショッピファイはスノーボードを販売するEC企業としてスタートしたが、その時の悩みや課題からECプラットフォーム事業をスタートさせ、現在ではおよそ175カ国、60万社が利用しており、流通総額は約9兆円。その中には、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が手掛ける「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」や「レベッカ ミンコフ(REBECCA MINKOFF)」などが含まれる。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら