ニュース

ラグジュアリーの巨人リシュモンがアリババと戦略的提携、中国市場に本格参入

 ラグジュアリー・コングロマリット企業のコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT以下、リシュモン)と中国最大手のネット通販企業のアリババグループ(ALIBABA GROUP)が、戦略的パートナシップ契約を締結すると発表した。

 リシュモンは「カルティエ(CARTIER)」「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」「ピアジェ(PIAGET)」「クロエ(CHLOE)」など高級宝飾や時計、ファッションの有力ブランドを擁するだけでなく、傘下にラグジュアリーEC最大手のユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP以下、YNAP)を抱えており、アリババをパートナーに本格的な中国進出を図る。両社は合弁会社を設立し、YNAPが展開するウィメンズ向けのラグジュアリーEC「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」とメンズ向けの「ミスターポーター(MR PORTER)」の中国版アプリを開発し、さらに両サイトはアリババが運営する高級ネット通販サイト「ラグジュアリー・パビリオン(LUXURY PAVILION)」にオンラインストアをオープンする。アプリの開発や物流、決済などをアリババが提供する。

 ヨハン・ルパート(Johann Rupert)=リシュモン会長は、「リシュモンをはじめとしたラグジュアリー産業にとって、旅行者も含めて中国人の消費者の重要性はどんどん増している。中国におけるわれわれのデジタル戦略はまだよちよち歩きだが、アリババとの提携により、重要かつ成長性のあるプレーヤーに進化すると信じている。アリババは世界的にも先進的なテクノロジーや物流、マーケティングを有しており、『ネッタポルテ』と『ミスターポーター』はオープンかつ中立的で、洗練されたプラットフォームとして進化を遂げるだろう」とコメントした。

 一方ダニエル・チャン(Daniel Zhang)アリババグループCEOは、「中国は2025年に世界のラグジュアリー消費のおよそ半分を占めると言われている。われわれが手を組むことで、より優れたポジションとビジネス機会を得ることができそうだ。これは始まりの始まりで、今後長期的に協業し、ビジネスを開拓していく」とコメント。6億ユーザーを抱えるアリババは、オンラインとオフラインを融合した“ニューリテール”の実現を掲げており、リシュモンと組むことでラグジュアリー分野でも新しいショッピング体験の開発を目指す。