ファッション

TOKYO BASEの新ブランドが始動 新宿に2店舗とオンラインストアを同時オープン

 TOKYO BASEが新ブランド「パブリック トウキョウ(PUBLIC TOKYO)」をスタートさせた。6日には新宿のルミネ2にメンズ単独店とルミネ1にウィメンズ単独店、公式オンラインストアを開き、26日には大阪、10月10日には名古屋にも新店舗をオープンする予定だ。

 「パブリック トウキョウ」のコンセプトは、“ジャンルやルールに捉われず、都会的スタンダードを追求するパブリックウェアーブランド”。程よくトレンドを取り入れたカジュアルウエアをそろえ、モードなアイテムが中心の「ステュディオス(STUDIOUS)」や「ユナイテッド トウキョウ(UNITED TOKYO)」との差別化を図る。中でも、デニムのコレクションは特に力を入れているという。アイテムは全て日本製で、価格帯はトップスが4500〜1万9000円、アウターが1万9000〜12万円、ジーンズが1万〜1万3000円。「ユナイテッド トウキョウ」同様、原価率50%で商品を提供する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら