ニュース

TOKYO BASEが原価率60%の受注生産ブランド「ソーシャルウェア」をライブコマースで販売

 TOKYO BASEがライブコマースアプリ「ピンクル(PinQul)」を手掛けるFlattと協業し、受注生産型の新ブランド「ソーシャルウェア(SOCIAL WEAR)」のライブコマースを開始する。「ピンクル」上でインスタグラマーのにょみ。を起用し、ライブ配信を使って商品を紹介、注文を募る。ライブ配信は2月16日21時からで、別注アイテムとしてビスチェ(1万2000円)やオフショルダーブラウス(7000円)、ボリュームスリーブのトップス(7500円)などを用意する。

 「ソーシャルウェア」は“日本のファッション製造業を活性化させ、強い日本産業を取り戻す”というコンセプトのもと、17年にスタートした。メード・イン・ジャパンながら受注生産のネット専売をベースにすることで平均60%という高い原価率を維持している。

 Flattは東京大学の現役学生、井手康貴・社長を含む東京大学の学生らを中心に、平均年齢20歳の若いチームで作られた新興企業。ライブコマースアプリ「ピンクル」とKOL(キー・オピニオン・リーダー)が企画・販売するプライベートブランド(PB)の「P.Q バイ ピンクル((P.Q BY PINQUL))」などを運営する。これを機に、PBの販売に加えて、「ピンクル」で販売を行う事業者の公募を開始する計画だ。