ファッション

「アット トウキョウ」に「N.ハリ」など6ブランドが参加 「ベッドフォード」と「ダダ」が合同ショー

 アマゾン ファッション(AMAZON FASHION)主催の特別プログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」の第4回目の参加ブランドが決定した。10月15~20日の東京コレクション期間中開催の同プログラムに参加するのは「アンリアレイジ(ANREALAGE)」や「ラウタシー(LAUTASHI)」「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」「スコロクト(SKOLOCT)」「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」「クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)」の6ブランド。「ベッドフォード」と「クリスチャンダダ」は“RE:ACTION”と題して合同ショーを行うなど、各ブランドが「アット トウキョウ」のための特別ショーやインスタレーションを開催する他、特設ページでスペシャルアイテムを10月15日から順次販売する。

 今回の「アット トウキョウ」はミュージックやアート、テクノロジーがテーマだ。「アンリアレイジ」はサカナクションの山口一郎を音楽にライゾマティクスリサーチを演出に起用する他、モデルの鈴木えみが手掛ける「ラウタシー」はメディアアーティストの落合陽一らとコラボレーション。東京で約8年ぶりにショーを開催する「N.ハリウッド」は未発表のスペシャルピースを含んだコレクションでプレゼンテーションを行う予定だ。

 「アット トウキョウ」は2017-18年秋冬シーズンにスタート。第2回では「サカイ(SACAI)」と「アンダーカバー(UNDERCOVER)」が合同ショーを行った他、前回は「トーガ(TOGA)」や「マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)」「アンブッシュ(AMBUSH)」などが参加している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら