ファッション

「ネイバーフッド」が東コレ初参加 アタリ・ティーンエイジ・ライオットを招へいし、コラボアイテムをライブで発表

 滝沢伸介が手掛ける「ネイバーフッド(NEIGHBORHOOD)」が23日、ブランド立ち上げ24年目にして東京コレクションに初参加した。これは「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)」を主宰するアマゾン ファッションによる特別プログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」の支援を得て実現したもの。「ネイバーフッド」が会場に選んだのは、ホワイエでロボットアームがブランドの巨大フラッグを振り来場者を出迎えるベルサール渋谷ファースト(belle salle Shibuya First)の地下だ。

 会場では、1990年代から社会や政治に対して痛烈なメッセージを発信し続けているドイツ・ベルリン発デジタルハードコア・バンドの始祖アタリ・ティーンエイジ・ライオット(Atari Teenage Riot以下、ATR)の出演がサプライズ・アナウンス。「アット トウキョウ」のためだけに作られた「ネイバーフッド」とのコラボコレクションを着用しパフォーマンスを行う「Project ATR Show」といったライブ形式での発表となった。

 ライブは、鼓動のような重低音が鳴り響く中、中心メンバーのアレック・エンパイア(Alec Empire)がマイクスタンドでステージ中央に設置された大小様々なモニターを破壊する過激なパフォーマンスでスタート。この日のためだけに来日したアレックやニック・エンドウ(Nic Endo)らメンバーがコラボTシャツやジャケットを着用し、代表曲「Speed」や「Reset」を披露した。

 もともと過激なパフォーマンスで知られるATRだが、久々の来日公演ということもあり、アレックが客席にダイブし、ニックはステージ上で仰け反りながらシャウト、客席前方ではモッシュピットが発生するなど、一般的なファッション・ウイークでは考えられない熱狂ぶりを見せた。

 なお、コラボアイテムは昨日から「Amazon Fashion “AT TOKYO”」の公式サイトや「ネイバーフッド」取り扱い店舗で販売されており、、28日からは伊勢丹新宿店メンズ館にオープンするポップアップストア「The_Answer」でも取り扱われる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら