ニュース

インスタに続くか、韓国のコーデアプリ最大手「スタイルシェア」が日本でショッピング機能を開始

 韓国発のコーディネート投稿アプリ「スタイルシェア(STYLE SHARE)」がさまざまなブランド、ECサイトの商品情報を横断検索できる日本限定のショッピング機能を開始した。商品の購入は各ECサイトへ遷移する仕組みで、「スタイルシェア」がさまざまなECサイトの入り口として機能する形だ。既存の「スタイルシェア」は自身のコーディネート画像を投稿する、フォローしているユーザーの投稿を閲覧するなどのSNS的側面が強かったが、新機能はブランドを横断したアイテム・価格別の商品検索というECモール的な役割を持つ。

 まずは約300のネットショップと提携し、100万点以上のアイテムをそろえた。「スタイルナンダ(STYLENANDA)」や「イムブリー(IMVELY )」「チュー(CHUU)」といった韓国ブランドが中心だが、日本のECサイトも扱う予定だ。掲載されるECサイトやブランドからは出店料、売り上げに応じた手数料を取らず、小規模ブランドでも出店しやすい環境を整えた。今後、出店ブランドからの広告掲載といった形での収益化を検討する。

 「従来のファッション雑誌やキュレーションサイト、SNSに続くファッションプラットフォームの位置付けを狙う。オンラインショッピングの際にまず思い浮かべてもらえるようなサービスとして、日本国内で広く認知されることを目指したい」と同社。

 日本では圧倒的なシェアをほこる「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」をはじめ、「ショップリスト(SHOPLIST)」や「ロコンド(LOCONDO)」などファッションに特化したECモールがすでに数多くあるが、「スタイルシェア」の新機能は各ブランドの自社サイトへの送客をするという点で既存ECモールとは異なる。むしろ、今年インスタグラムが日本で開始した“ショッピング機能”に似た仕組みといえるだろう。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら