ファッション

「ディオール」の新作サングラスはダイアナ・ヴリーランドへのオマージュ

 「ディオール(DIOR)」は、新作サングラス“ディオールカラークエイク(DIORCOLORQUAKE)”を発売した。2018-19年秋冬パリ・コレクションで、モデルたちがそろって着用した存在感のあるサングラスだ。このサングラスの名前のもとは 、1960年代終盤に当時「ヴォーグ(VOGUE)」の編集長だったダイアナ・ヴリーランド(Diana Vreeland)が、若い世代からわき出る新しいエネルギーを表現するために生みだした言葉“ユースクエイカー(YOUTHQUAKERS)”だ。1970年代を象徴するスクエア、レクタングル、パイロットシェイプのビッグサイズで、イエロー、ブルー、グリーン、ピンクの大胆なカラーリングは全身のコーディネートを際立たせた。

 価格は4万7000円で、「ディオール」ブティックなどで販売中。「ディオール」のアイウエアは、イタリアの大手アイウエアメーカーであるサフィロ(SAFILO)が手掛けている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら