ファッション

「スノーピーク」 × 「テバ」のコラボサンダル第2弾 ストラップはパラシュートの紐をイメージ

 「スノーピーク(SNOW PEAK)」は7月13日、「テバ(TEVA)」とのコラボサンダル“ハリケーン XLT 2 スノーピーク”(1万6800円)を数量限定で発売する。色はブラックとグレーを用意し、サイズは22〜30cm。

 同商品は、人気と共に追加販売も実施された第1弾コラボサンダルに続く第2弾モデル。「スノーピーク」の“日常の暮らしに野あそびを取り入れること”をテーマとし、「テバ」の定番モデルである“ハリケーン XLT 2”を元に製作した。ストラップはアウトドア道具として用いられるパラシュートの紐“パラコード”をイメージした。ストラップの内側とバックルには「スノーピーク」のロゴを施し、ソールには耐久性の高いラバー素材を使用した。

 「スノーピーク」直営店では6月29日から7月6日まで、「スノーピーク」と「テバ」の公式サイトでは12日まで先行予約を受け付ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら