ファッション

「ギャップ」が「バルマン」などとコラボ 米「GQ」誌のデザイナー賞受賞者とロゴスエットを企画

 「ギャップ(GAP)」は、米メンズ誌「GQ」が毎年開催している「ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカ」の2018年度受賞ブランドとのコラボレーションコレクションを秋に発売する。同コラボは毎年行っており、今年で7年目。8ブランドのデザイナーが、「ギャップ」のアイコンといえるブランドロゴ入りのスエットシャツをアレンジしたアイテムを企画する。世界各国の限定店舗とオンラインストアで販売する。日本での展開店舗は未定。

 選出されたブランドは、「バルマン(BALMAIN)」「ディースクエアード(DSQUARED2)」「ノー バカンシー イン(NO VACANCY INN)」「サーフ イズ デッド(SURF IS DEAD)」「スタンプド(STAMPD)」「オフィシン ジェネラール(OFFICINE GENERALE)」「オープニング セレモニー(OPENING CEREMONY)」「MSGM」の8組。昨年は「ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)」「アミ アレクサンドル マテュッシ(AMI ALEXANDRE MATTIUSSI)」「キンフォーク(KINFOLK)」と組み、それぞれ10型前後のカプセルコレクションを企画していたが、今年は8ブランドに増やし、アイテムはロゴ入りスエットシャツに絞り込んだ。「クラシックなアイテムであるロゴ入りスエットシャツに、それぞれのデザイナーが独自の視点を加えて一新し、世界中のカスタマーに届けることを楽しみにしている」と、ギャップのメンズデザイン部門のバイス・プレジデント、ジョン・カルーゾ(John Caruso)はコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら