ファッション

「ジーユー」 × キム・ジョーンズコラボ全商品公開 価格は通常「ジーユー」と変わらず

 ファーストリテイリング傘下の「ジーユー(GU)」が、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ・アーティスティック・ディレクターを退任して間もないキム・ジョーンズ(Kim Jones)とコラボする“キム・ジョーンズ ジーユー プロダクション(KIM JONES GU PRODUCTION)”の全商品が公開された。価格は通常の「ジーユー」と同じ水準だ。

 ホームページ上で公開した商品はウィメンズ30型(ウエア23型、アクセサリー7型)、メンズ55型(ウエア26型、アクセサリーなど19型)だが、アクセサリーの多くはユニセックスのムード。

 メンズはジグザグモチーフのテープを配したアノラックパーカやカラーブロッキングのフーデッドブルゾン(共に4990円)、オーバーサイズのフーデッド(2990円)、半袖のグラフィックニット(2490円)やTシャツ(990円)など。

 ウィメンズは、メンズ同様のデニムブルゾン(4990円)やスエット(1990円)のほか、ポプリンのクロップドシャツ(1990円)やシャツワンピース(2990円)などを揃えた。

 アクセサリーはバックパック(2490円)からキャップ(1490円)、ガチャベルト(990円)まで幅広い。もっともお手頃なのは、メンズ&ウィメンズのソックスで390円だ。

 商品は3月21日、「ジーユー」国内の超大型店・大型店とオンラインストア、台湾の一部店舗とオンラインストア、香港の全店舗で販売する。また17〜20日の4日間は、同コレクションのポップアップショップをドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA以下、DSMG)にオープン。コレクションの一部アイテムを先行販売する他、DSMGのスペシャルロゴを配した限定アイテムを用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら