ファッション

「H&M」次のコラボはジェレミー・スコットの「モスキーノ」

 「H&M」の2018年のデザイナーズコラボは、ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)がクリエイティブ・ディレクターを務める「モスキーノ(MOSCHINO)」に決まった。過去の「アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)」や「バルマン(BALMAIN)」と同様、アメリカ・カリフォルニア州インディオで4月13〜15日と20~22日に分けて開催中の「コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル(Coachella Valley Music and Arts Festival、通称コーチェラ・フェスティバル)」で発表された。

 14日の土曜日夜、ビヨンセ(Beyonce)がヘッドライナーを務めた後、近隣のコロナ・ヨットクラブで行われたパーティー会場で明かされた。「H&M」の公式インスタグラムのストーリーで、モデルのジジ・ハディッド(Gigi Hadid)からメッセージが発信された。

 ストリートラグジュアリーやユースカルチャーは昨今、大きなトレンドとして浮上している。ジェレミー・スコットによる「モスキーノ」と「H&M」のコラボは11月8日に発売される。ハッシュタグは「#HMOSCHINO」を採用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら