フォーカス

ディスカウントEC「アウトネット」がオフシーズンアイテムを直接買い付けられる理由

 今年コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT 以下、リシュモン)傘下に入ったことでも知られる大手EC企業ユークス ネッタポルテ グループ(YOOX NET-A-PORTER GROUP以下、YNAP)のディスカウントサイト「アウトネット(THE OUTNET.COM)」が今春、日本に上陸した。通常ディスカウントサイトといえば、ECサイトのシーズン落ちアイテムなどを扱うことが多いが、「アウトネット」ではディスカウントサイト専属のバイヤーが存在し、ブランドから直接商品を買い付けているという。同サイトの独自戦略について、堀田律子ユークス ネッタポルテ グループ日本支社ジェネラルマネジャーに話を聞いた。

WWD:あらためて、「アウトネット」とは。

堀田律子ユークス ネッタポルテ グループ日本ジェネラルマネジャー(以下、堀田):2009年にラグジュアリーEC「ネッタポルテ」の姉妹サイトとしてスタートした。現在は14カ国語に対応し、100カ国以上で販売をしている。「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」や「ヴァレンティノ(VALENTINO)」など、350以上のブランドアイテムのオフシーズンアイテムを最大75%のディスカウントプライスで提供している。12年にはセレクトのアイテムを邪魔せずうまく取り入れられることを狙い、プライベートレーベル「アイリス アンド インク(IRIS AND INK)」をローンチした。

WWD:日本法人の業務内容は?

堀田:日本語対応に加えて、物流についてもヤマト運輸と組んで日本に合った形での配送を実現している。今後はサイズやフィテッィングの悩みに対応すべくコンサルティングサービスを導入する他、人の力を使ったライブチャット機能なども検討している。

WWD:なぜ、今日本上陸なのか。

堀田:グローバルでもアジア太平洋地域は今非常に注目を集めており、ヨーロッパ、アメリカと並ぶ市場になっている。日本市場にはファッション感度の高い“成熟した”顧客が多く、きちんとローカライズをすることで顧客と直接コミュニケーションをしたいと考えた結果だ。