ニュース

ユニクロ3月度は売上高13%増 エアリズムやジーンズが好調

 ユニクロ(UNIQLO)の2018年3月度の国内売上高は、既存店とダイレクト販売の合計が前年同月比13.0%増と、3カ月ぶりの2ケタ増収となった。3月は気温が高く推移し、エアリズムシリーズのパーカや、速乾素材ドライのクルーネックTシャツなど春夏のコア商品の販売が好調だった。さらに、テレビCMやチラシなどの販売促進が貢献し、ジーンズの販売も活発だった。客数は同7.7%増、客単価は同4.9%増だった。