ファッション

「アモスタイル」がグローバル展開 ピンクヘアでお馴染みのフェルナンダ・リーをCMに起用

 トリンプ・インターナショナル・ジャパン(TRIUMPH INTERNATIONAL JAPAN以下、トリンプ)は4月2日、東京・表参道で「アモスタイル バイ トリンプ(AMO‘S STYLE BY TRIUMPH以下、アモスタイル)」のリブランディング発表会を開催した。日本発「アモスタイル」は今年でブランド誕生20周年。2018年秋冬から、“リヴアモスタイル(#LIVEAMOSTYLE)”をコンセプトに、ファッション感度の高い20~25歳の消費者をターゲットにグローバル展開を予定している。

 発表会では、ヴァンサン・ネリアス(Vincent Nelias)=トリンプ社長がリブランディングについて説明。「『アモスタイル』は日本におけるトリンプの小売りビジネスの成功モデルだが、今後は小売りビジネスがない他の国でも展開する。ターゲットも『トリンプ』ブランドのターゲットより若いので、幅広い層にアピールできる」と述べた。

 リブランディングに際し、トリンプのスイス本社と共に、キャンペーンのメーンキャラクターにモデルのフェルナンダ・リー(Fernanda Lee)を起用。世界に先駆け日本で、3日からオンエアするCMの発表も行った。CMではリーをはじめ、ニューヨークを拠点に活躍するモデル3人がダンスを通してエネルギー、ポジティブさを表現しており、コンセプトの“自由”“真面目”“洗練”を音楽とダンスをミックスしてダイナミックに描いたCMだ。

 ネリアス社長は「まずはキャンペーンからスタートし、商品、店舗、eコマースの開発を行っていく。360度買い物体験が楽しめるブランドにする。日本では来年から直営店のリニューアルも始める予定だ」とコメント。

 トリンプはCMのオンエアに合わせてインスタグラムなどを通じてキャンペーンを開催する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら