ビジネス

「NYX」日本1号店オープンに開店前から約400人が行列 大盛況の幕開けに

 米国発のプチプラコスメブランド「ニックス プロフェッショナル メイクアップ(NYX PROFESSIONAL MAKEUP)」日本1号店が東急プラザ表参道原宿3階にオープンした。開店前から行列ができ、一時入場制限を行うなど大盛況の幕開けとなった。

 開店1時間前にもかかわらず、午前10時には東急プラザ表参道原宿の大階段にはオープンを待ちわびる来店客が列を作った。開店前には行列が約400人に達し、多彩なカラーバリエーションと製品がメイクスクールの学生からも評価が高く、女性のみならず男性も列の中に加わっていた。

 オープニングセレモニーにはタレントで歌手のりゅうちぇるが、アーティスト名の“RYUCHELL”として登場しトークショーやテープカットを実施。店舗は11時にオープンし、店内は大賑わいとなり急きょ人数制限を行い対応した。

 同ブランドは過去にも日本で展開していたことがあったが撤退しており、2014年に日本ロレアル傘下になったことで今回再上陸を果たした。“メイクアップジャンキー(メイクアップ中毒者)”にプロ向けの製品を手頃な価格で提供している点が特徴で、600色を超えるリップ製品や100点以上のアイライナーなど豊富なバリエーションや、太芯タイプのアイライナー「ジャンボ アイペンシル」などのユニークな製品が高い評価を得ている。日本での展開アイテム数は約1000点となる。

 また、多彩なカラーは自己表現の場でも力を発揮しており、インスタグラムなどのSNSでも存在感を放つ。デジタルツールでの発信力や、流行のカラーアイテムに強い点など、日本のビューティトレンドに合致したタイミングでのオープンとなった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら