ビジネス

「アクネ ストゥディオズ」が身売り? 夏までに売却先決定か

 「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」の共同設立者、ジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)とミカエル・シラー(Mikael Schiller)が、同社の過半数株式を手放そうとしているというウワサが浮上している。2人はすでに金融グループのゴールドマン・サックス(GOLDMAN SAKS)と契約し、買い手を探しているという。

 ゴールドマン・サックスは過去数カ月間有力候補と協議を重ね、2018年の夏には買い手と正式にM&Aの手続きに移ると複数の情報筋が証言している。ヨハンソンとシラー共同設立者およびゴールドマン・サックスのコメントは得られていない。

 「アクネ ストゥディオズ」は1992年にスウェーデン・ストックホルムで設立。現在の年間売上高は2億ユーロ(約262億円)を超える。

 業界関係者は、共同設立者が積極的に経営に関わりマネジメントが強い同社は魅力的とみている。アジアでの成功や小売りとカテゴリーの拡大計画を受け、アジアやヨーロッパの投資ファンドが買収する可能性もあると予想している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら