ファッション

コペンハーゲン・ガールが見せたエフォートレスな着こなし 2018-19年秋冬コペンハーゲン・ファッション・ウイーク

 1月30日〜2月1日に開催された、2018-19年秋冬のコペンハーゲン・ファッション・ウイークの会場付近では、ファーや最新コレクションのアイテムをエフォートレスに着こなすコペンハーゲン・ガールが多く見られた。スタイルとしては、女性らしいエレガントな雰囲気を漂わせながらも、気負い過ぎず抜け感を作るのが主流のようだ。

 特に目についたのは北欧ブランドの「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」「バイ・マレーネ・ビルガー(BY MALENE BIRGER)」「ガンニ(GANNI)」などのコンテンポラリーブランドの服に、「ロエベ(LOEWE)」「セリーヌ(CELINE)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」などラグジュアリーブランドのバッグを合わせる手法。イエロー、レッド、ピンクなどのビビッドカラーを主役にしたコーディネートも多かった。足元は「メゾン・マルジェラ(MAISON MARGIELA)」のアンクルブーツや「ヴェトモン(VETEMENTS)」のライターヒールブーツなどのヒール物が多く、メンズは今季トレンドの「ナイキ(NIKE)」「アクネ ストゥディオズ」などゴツめのスニーカーを取り入れてストリートスタイルに仕上げていた。

 「サックス・ポッツ(SAKS POTTS)」のファーコートなど、ファーアイテムを身に着ける人は他のヨーロッパの都市よりも断然多い印象だった。また、スカートやドレスよりもパンツ派が目立ったが、その理由は「パンツの方が自転車に乗るのに向いてる」からだとか。さすがは自転車大国だ。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。