ファッション

モノトーンで魅せる上級ストリートスタイル 2018年春夏ソウル・ファッション・ウイーク

 2018年春夏ソウル・ファッション・ウイークの会場付近では、キャッチーな色使いは引き続き健在だったが、一方、モノトーンでまとめたコーディネートも多く見られた。ベルトなどの小物使いや素材、シルエットで差をつけたモノトーンスタイルは、アジアのストリート上級者がそろうソウルならではだ。

 また、世界各都市同様、シャツやジャケットを中心にチェック柄が支持を得た。カモフラやMA-1など、ミリタリーモチーフのアイテムも人気のようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら