ファッション

米「WWD」が捉えた東京ストリートはレイヤードで勝負 2018年春夏「アマゾン ファッション ウイーク 東京」

 10月16〜21日、2018年春夏の「アマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO以下、AFWT)」が開催された。アマゾン ファッションが主催するプログラム「アット トーキョー(AT TOKYO)」には、「サカイ(SACAI)」「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「トーガ(TOGA)」「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」「ブラックアイパッチ(BLACKEYEPATCH)」のパリやロンドンでコレクションを発表する実力派の5ブランドが名を連ね、今シーズンは世界的にも近年まれに見る注目度の高さだった。そんな中会場を訪れた米「WWD」のフォトグラファーは、東京のストリートシーンをどう捉えたのだろうか。

 「AFWT」が開催された週は連日の雨で気温がぐんと下がり、アウターシーズン到来を予感させたが、ストリート上級者はナイロンジャケットの上にコートを合わせたり、シャツの下にフーディーを入れ込むなどレイヤードで遊んで差をつけた。また、2018年春夏シーズンの欧米都市のファッション・ウイークではスニーカーに替わってヒールがカムバックしていたが、東京ではスニーカー人気がいまだ健在。ヒールにしてもピンヒールではなく、太めのヒールが多数を占めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。