ファッション

“袖コン”と“肩落ち”トップスは未だ健在 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京」が開幕

 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」が10月16日、渋谷ヒカリエで開幕した。

 断続的な雨に見舞われた初日は、「AFWT」の冠スポンサーを務めるアマゾン ファッションが実施するプログラム「アット トーキョー(AT TOKYO)」で「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」がショーを披露した他、今シーズンで12回目の参加となった「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」、デザイナーMUGが手掛ける「ジーヴィージーヴィー(G.V.G.V.)」、DJやモデルとしても活躍するマドモアゼル・ユリアがデザイナーを務める「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」、デンマーク出身のデザイナーが手掛けるユニセックスブランド「ヘンリック・ヴィブスコフ(HENRIK VIBSKOV)」など、12ブランドがコレクションを発表した。

 来場者の装いでは、足元を黒で締めたスタイルが多く、ロングスリーブやバルーンスリーブといった袖が特徴的な“袖コン”(袖コンシャス)と“肩落ち”トップスのトレンドは未だ健在。人気急上昇中のイギリスのメンズブランド「マーティン ローズ(MARTIN ROSE)」を着用した来場者も多く見ることができた。

 また、各ブランドのショー会場では、ブランドと親交の深い業界人が多く来場。「ドレスドアンドレスド」では普段から同ブランドを着用しているDJのLicaxxxが、「ティート(TIIT TOKYO)」では昨シーズンランウエイも歩いた女優でモデルの松井愛莉が、「タカヒロミヤシタザソロイスト.」では阿部千登勢「サカイ(SACAI)」デザイナーや尾花大輔「 N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」デザイナー、KAT-TUNの亀梨和也らが姿を見せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら