ファッション

東京ミレニアルズが大集合! 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京」4日目

 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」は10月19日、4日目を迎えた。

 昨シーズンの初フロアショーに続き、2回目となるショーを開いた「ハイク(HYKE)」は、一部のルックで「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのコラボアイテムを披露した。来場者の多くは同ブランドを着用し、フロントローには、「AFWT」のオフィシャル・アンバサダーでモデルの冨永愛、栗野宏文ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)上級顧問クリエイティブディレクター、スタイリストの熊谷隆志や望月唯ら業界人が並んだ。

 渋谷ヒカリエで合同ショーを披露した「ミューズ(MUZE)」と「パラドックス トーキョー(PARADOX TOKYO)」には、Una、桃坂ナナ、YESBOWY、Yacoら東京を代表するミレニアル世代のモデルたちが多数来場。スモークを使った演出によってアクリル素材の床が濡れてしまい、転倒するモデルやウォーキングを諦めるモデルが現れるなどのハプニングに見舞われた「ハレ(HARE)」のショーには、瀬戸あゆみ「エイミー インザ バッティー ガール(AYMMY IN THE BATTY GIRLS)」デザイナーや19歳の気鋭スタイリスト、清水文太らが姿を見せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら