ファッション

東京ミレニアルズが大集合! 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京」4日目

 2018年春夏「アマゾン ファッション ウィーク東京(以下、AFWT)」は10月19日、4日目を迎えた。

 昨シーズンの初フロアショーに続き、2回目となるショーを開いた「ハイク(HYKE)」は、一部のルックで「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」とのコラボアイテムを披露した。来場者の多くは同ブランドを着用し、フロントローには、「AFWT」のオフィシャル・アンバサダーでモデルの冨永愛、栗野宏文ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)上級顧問クリエイティブディレクター、スタイリストの熊谷隆志や望月唯ら業界人が並んだ。

 渋谷ヒカリエで合同ショーを披露した「ミューズ(MUZE)」と「パラドックス トーキョー(PARADOX TOKYO)」には、Una、桃坂ナナ、YESBOWY、Yacoら東京を代表するミレニアル世代のモデルたちが多数来場。スモークを使った演出によってアクリル素材の床が濡れてしまい、転倒するモデルやウォーキングを諦めるモデルが現れるなどのハプニングに見舞われた「ハレ(HARE)」のショーには、瀬戸あゆみ「エイミー インザ バッティー ガール(AYMMY IN THE BATTY GIRLS)」デザイナーや19歳の気鋭スタイリスト、清水文太らが姿を見せた。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら