ファッション

スタイルの多様化進む上海 2018年春夏上海ファッション・ウイーク

 2018年春夏上海ファッション・ウイークの会場付近では、ナチュラルな素材で全身をまとめたコーディネートから、「ディオール(DIOR)」のヒールを取り入れたレディスタイルまで、多種多様なスタイリングがそろった。しかし、世界各都市同様やはり「グッチ(GUCCI)」などを取り入れたストリートが多数派だった。

 さまざまなスタイルが混在しつつも、赤が好きといわれる国民性もあるのか、シューズにトップス、アクセサリー、ヘアカラーからリップに至るまで、多くの来場者が赤を取り入れていた。また、東京やソウル同様キャップが多く見られたが、一方でキャスケットやベレー帽、ニット帽なども多かった。全体的に帽子着用率が高かったのも特徴だ。アイテム別ではクロスボディーバッグにラインパンツ、素材ではベルベットが多く見られた。
 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら