ファッション

新旧ファッショニスタが一堂に会した2018年春夏オートクチュール・コレクション

 パリで開催された2018年春夏オートクチュール・コレクションの会場周辺では、前回同様ディテールにこだわりが光るアイテムを身につけた来場者が多かった。チュールやレースなどのシースルー素材、スパンコールやビジュー、刺しゅうが施されたアイテムは引き続き人気だが、2月のパリで人気を博したのはファーやベルベット素材のようだ。

 世界中から一堂に会した大富豪からオーダーを取り付けるオートクチュール・コレクション期間だが、スナップハンターが捉えたのはインフルエンサーやモデル、女優、ファッション・エディターの姿だ。ファッション・ブロガーのスージー・バブル(Susie Bubble)ことスージー・ロウ(Susie Lau)と、モスクワのセレクトショップ、KM20のオーナー、オルガ・カープット(Olga Karput)は「プラダ(PRADA)」の2018年プレ・スプリングコレクションのスニーカーをそれぞれパンツスタイルに合わせた。ファッション・ブロガーのエヴァンジェリ・スマイルニオタキ(Evangelie Smyrniotaki)は「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」の枕をイメージさせる新アイコンバッグ“グラム スラム(Glam Slam)”を早速取り入れていた。

 また、「ディオール(DIOR)」2018年春夏オートクチュール・コレクションの会場付近では、モデルの秋元梢、ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、アリゾナ・ミューズ(Arizona Muse)、女優のエミリー・ブラント(Emily Blunt)、ヘイリー・ベネット(Haley Bennett)、アナベル・ウォーリス(Annabelle Wallis)、歌手のウィロー・スミス(Willow Smith)、ブロガーで現在妊娠中のキアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)やクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)「ディオール オム(DIOR HOMME)」アーティスティック・ディレクターの姿が見られ、それぞれ「ディオール」のアイテムを自分らしくコーディネートしていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。