ファッション

ロンドンキッズが着こなす冬のストリート 2018-19年秋冬ロンドン・メンズ・ファッション・ウイーク

 2018-19年秋冬のロンドン・メンズ・ファッション・ウイークの会場付近では、英国紳士の街ながらストリートファッションに身を包んだ来場者が多数派で、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH以下、オフ-ホワイト)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」「ヴェトモン(VETEMENTS)」「モンクレール(MONCLER)」といったブランドを着こなしていた。定番のフーディーやブルゾンはもちろんだが、特に人気だったアイテムはダウンで、カラーや形もさまざまに登場。キーチェーンや「オフ-ホワイト」の“インダストリアルベルト”に代表されるようなガチャベルトも支持を得た。

 足元は「バレンシアガ」の“トリプルS(TRIPLE S)”や「ナイキ(NIKE)」の“エア マックス 97(AIR MAX 97)”などのゴツめスニーカーが目を引いたほか、今年110周年を迎える「コンバース(CONVERSE)」が復活を遂げていた。また、パンツの丈は短めにしてソックスを見せるスタイルも多く、中にはパンツの上にソックスをオンする上級者も見られた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら