ファッション

「ナイキ」ランニングシューズをめぐるレースが決着 ファッション業界関係者も購入権を獲得

 「ナイキ(NIKE)」は2月3日、ランニングシューズ“ナイキ ズーム ヴェイパーフライ エリート”(5万5000円)の日本限定カラーの購入権を争うタイムトライアル「NIKE ZOOM VAPORFLY ELITE CHALLENGE」を東京・夢の島陸上競技場の陸上トラックで開催した。

 シューズサイズ別の走行グループ編成で、ルールは400mトラックを1kmあたり5分ペースでスタートし、1周ごとにペースが上がるというもの。各グループごとに、最も多く周回した人から順番に、用意した足数分だけ購入権が与えられる。80人近くのランナーが集まり、24cmが1足、25cmが5足、26cmが14足、27cmが13足、28cmが7足、29cmが2足の、計42足の購入権を争った。

 オープニングには、ゲストペーサーを務める東洋大学陸上部の西山和弥・選手と渡辺奏太・選手が登場し、参加者を激励した。西山選手は「最初から欲を出すと疲れるので、勝負所まで何も考えずに走るのが大事」とアドバイス。

 競技がスタートすると、序盤はスローペースだが、1周ごとに1kmあたりのタイムが30秒ずつ短縮されていく。1競技あたり10分弱で勝負が決するが、決着がつくころには1kmあたり約3分ペースのデッドヒートが繰り広げられた。参加者の後方を走るペーサーに追い抜かれるとリタイアとなるため、最後尾のランナーとペーサーが並ぶたびに周囲から声援が上がった。29cm2足を懸けたレースではラスト3人がしのぎを削り、牧野英明BEAMS RUN CLUB代表が僅差でその1足を勝ち取った。

 購入権獲得者の1人にレース時の作戦について聞くと、「作戦は立てなかった。レースを楽しめた」と笑顔で答えた。別の獲得者は「カーブでランナーが詰まるので、そこが順位を上げる狙い目だった」と語った。

 全競技終了後には、西山選手、渡辺選手、東京国際大学の浦馬場裕也・選手、伊藤達彦・選手と2000m走を競うイベントも行われた。イベント終了後、レジが会場に設置され、購入権獲得者は同会場でシューズを買い求めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら