ニュース

「ジャックムス」が服ナシのキャンペーンビジュアルを公開

 「ジャックムス(JACQUEMUS)」が、浜辺で男女が裸で抱き合った2017年秋の広告ビジュアルを公開した。撮影が行われたのは南フランス、地中海に面したカマルグ。フォトグラファーのディヴィッド・ルラスキー(David Luraschi)が撮りおろした。

 デザイナーのサイモン・ポート・ジャックムス(Simon Porte Jacquemus)によるテーマは“2人の人間がキスする永遠のイメージ”。何もない浜辺でカップルがきつく抱き合い、ぬかるんだ砂浜に椅子がゆっくりと沈む。風に流されて傾いたパラソルには、オレンジソーダの名が描かれている。「ジャックムス」の17-18年秋冬コレクションは、ジプシーと恋に落ちたパリジェンヌをイメージしているという。

 ジャックムスは15年のLVMHプライズヤング ファッション デザイナー賞を受賞した気鋭のデザイナー。立体的なパターンで前衛的なコレクションを作ることで知られている。