ファッション

「サンローラン」のセクシーすぎる広告、規制当局が撤去要求

 フランスの広告規制当局(以下、ARPP)は、「サンローラン(SAINT LAURENT)」の2017年春夏シーズンの広告ビジュアルが女性の品位を傷つけるとして、広告の修正や撤去を求めている。問題となっているのは、ファーコートをまとい網タイツにローラースケート仕様のハイヒールを履いたモデルが大きく足を広げ横たわっているビジュアルと、レオタード姿の女性が腰を突き出し同じく大きく足を広げているビジュアル。ステファン・マーティン(Stephane Martin)ARPPジェネラル・マネージャーは「このビジュアルは、女性の品格と尊厳を損なうもの」と訴え、さらにモデルたちが痩せすぎていると主張。これに対し「サンローラン」からのコメントは得られていない。

 2017年春夏はアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)新クリエイティブ・ディレクターのデビューシーズンで、広告ビジュアルにも注目が集まっていた。同ビジュアルは夫婦で写真家デュオのイネス・ヴァン・ラムスウィールド(Inez van Lamsweerde)とヴィノード・マタディン(Vinoodh Matadin)が撮影。モデルにはブラジル出身の19歳、フェルナンダ・オリベイラ(Fernanda Oliveira)を起用している。

【関連記事】
■新生「サンローラン」、洋服の映ったビジュアルを公開
■「グッチ」の広告モデルが痩せすぎているとして問題に
■「グッチ」の広告に日本の"デコトラ"や六本木のパチンコ店が登場
■バックステージの裏話 フェルナンダ・オリベイラら、今季デビューモデルの素顔

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら