ニュース

コストコが「ティファニー」の名称を使い指輪を販売 21億円の賠償命令

 商標登録している「ティファニー」という名称を不当に使用したとして、ティファニー(TIFFANY & CO.)がコストコ(COSTCO CORP.)を相手取り商標権の侵害などを求めていた争いで、ニューヨーク州連邦裁判所は8月14日、コストコに1940万ドル(約21億1400万円)を払うよう命じ、「ティファニー」という名称を単体で使用したり、指輪やセッティングのスタイルを指して用いることを禁じた。ティファニーは消費者の誤認を招くとして、2013年に提訴した。

 16年秋から始まった審理で、コストコが「ティファニー」と名付けた指輪の売上額を370万ドル(約4億円)と認定したが、最終的には実損の3倍に当たる1110万ドル(約12億円)と懲罰的損害賠償金825万ドル(約9億円)の判決を下した。

 判事は「コストコの販売員は顧客からの問い合わせに対して『ティファニー』リングだと返答し、ティファニー社製ではないと気付いた顧客からのクレームに対しても堂々と対応していた事実や、尋問時や審理前の対応を見てもコストコが『ティファニー』の名称をセールスとマーケティングに使用していたのは明らかだ」と述べた。

 コストコは、指輪の形状が“ティファニー・セッティング”という仕様で、納品業者の明細に「ティファニー」と省略されて記載されていたのを事務員が単純に転記してしまっただけで、意図的にティファニーの商標権を侵害する意図はなかったと主張。しかし、宝飾品のディスプレー方法はコストコのマーケティング戦略の中で重要な要素である点や、「ティファニー」と記載した看板を付けて、ブランド物の高級時計の隣に配置して販売していた事実が明らかとなり、同社の主張は認められなかった。

 ティファニーのスポークスマンは、「判決に満足している。ティファニーの商標やブランド価値を立証でき、コストコや、『ティファニー』の商標を侵害するその他の企業に対して強いメッセージを発信できた。『ティファニー』は単なる名称ではなく、厳格な基準や素晴らしいクラフトマンシップなどを表している」と述べた。

 一方で、コストコの代表者からコメントは取れなかった。

最新号紹介

WWD JAPAN

業界の垣根を超えたマッチング企画 あの企業、あの人へのラブレター

「WWDジャパン」9月28号は、「業界の垣根を越えたマッチング企画 あの企業、あの人へラブレター」特集です。「ONE WWD JAPAN」としてファッションとビューティを一つにすることを掲げる私たちは、両業界の懸け橋となるべく企画を実施。業界の垣根を越え、どんな企業や人と組みたいかを募ったところ、総勢33ものファッション&ビューティ業界人とブランドが、熱い思いを手紙や色紙で表現してくれました。新た…

詳細/購入はこちら