ファッション

ベイクルーズ新業態はステーキ店 鎌倉に一号店オープン

 ベイクルーズ(BAYCREW'S)は8月16日、神奈川・鎌倉の若宮大路沿いに新業態のステーキ店「ジェイエス ステーキスタンド カマクラ(J.S. STEAK STAND KAMAKURA)」をオープンする。上質なステーキをカウンターでクイックに楽しめる業態で、店舗面積は61平方メートル。

 同店のこだわりは、肉の火入れにある。赤身肉を国産牛脂で素揚げし、肉のジューシーな旨味を閉じ込めた後、火山岩グリラーで余分な脂を落としながら香ばしくミディアムレアに焼き上げる。ソースはアメリカ、日本、アジアの素材を融合させた“フュージョン系ソース”を用意。濃口醤油にオニオン、白ワイン、ワインビネガーなどを加えた「スタンダード・ステーキ醤油」をはじめ、トマトベースに韓国の唐辛子粉やコチュジャンなど4種類の唐辛子とガーリックを合わせた「レッド・ホットアラビアータ」、大根おろしと塩ベースのポン酢にライム果汁を加えた「ホワイト・ライムポン酢」などの6種類をラインアップする。価格はチャックアイロール(肩ロース)200グラムで1190円(肉の部位、グラムによって異なる)。11〜17時のランチタイムのランチタイムは、サラダ、スープ、ライスがセットになる。

 オープンを記念し、8月16〜18日の3日間、各日先着20人にチャックアイロールステーキのフリーチケットをプレゼントする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら