ファッション

「サロン アダム エ ロペ」がユニホーム事業 オーダーも開始

 ジュンの「サロン アダム エ ロペ(SALON ADAM ET ROPE)」がユニホーム事業を立ち上げた。8月8日から直営4店舗と公式オンラインストアでオリジナルユニホームを販売すると同時に、カスタムオーダーもスタートする。

 カフェやレストランなどの飲食店やショップ、企業などの制服やユニホームは、清潔感のある“クラシック”と機能性と動きやすさを考慮した“ワーク”、デザイン性を活かした“カジュアル”の3タイプを軸に提案。“クラシック”は、ホテルのスタッフのユニホームをイメージした洗練されたスタイルで、抗ウイルス加工を施したシワになりにくい清潔感のあるシャツや、ストライプのサロンとパンツなどをそろえる。特徴的なシャツの胸ポケットは、かがんだ時などに物が落ちにくいよう貼り付けタイプにデザインされている。商品の価格帯は6400〜1万4000円。“ワーク”は、ストレッチ性や撥水・撥油性に優れた素材を採用。エプロンとパンツをオールインワン見えするセットアップで提案する。価格帯は、8300〜2万2000円。“カジュアル”は、普段着の感覚でデザインされたスタイル。チェック柄のサロンは、作業中にほどけやすいリボンではなくベルトを用いたり、動きやすいようセンターにスリットを入れたり、機能性も重視した。価格帯は、4600〜1万6000円。

 これらに加え、6通りのスタイリングが楽しめるワンピース風のエプロン(6400〜8300円)、ユニセックスのエプロン(5500〜9200円)、デニム調のエプロン(9200〜9800円)、ユニセックスのワークジャケット(1万6000〜1万9000円)やシェフパンツ(8300円)などもラインアップする。今後は、企業向けの卸販売や別注、ユニホームメーカーとの協業を検討していく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。