ファッション

ビームスの医療用ユニホーム「ビームス メディカル」が1年半ぶりに発売

 ビームス(BEAMS)は今秋、創業70年のユニホームメーカー、ヤギコーポレーションと提携し「ビームス メディカル(BEAMS MEDICAL)」の新作を発売する。同ブランドは、全国の医療機関や医療関連卸向けに販売するユニフォームブランドで、医療現場に適した機能性やディテールとファッション性を兼ね備えた画期的なユニホームとして好評を得ていた。新作は2015年以来、約1年半ぶりの発売となる。

 監修は引き続き、長年にわたりビームスのメンズクロージングに携わってきた中村達也ビームスクリエイティブ・ディレクターが担当。ユニホームメーカーとしてのモノ作りの技術とノウハウを駆使して、ヤギコーポレーションが生産を手掛ける。時代のニーズに合わせてアップデートしたドクターコート(約2万円)やジャケット(約2万円)、パンツ(7000円台)に加え、新たにスタートするスクラブジャケット(8000~9000円)やニット素材のアイテムなどがラインアップする。

 新作は7月4日に大阪で行うヤギコーポレーションの展示会を皮切りに、12~14日に開催される東京ビックサイトの「国際モダンホスピタルショウ2017」でも発表。なお、2017年秋から「ビームス メディカル」のオンライン販売もスタートする。

 「ビームス メディカル」は08年に発足し、09年から販売をスタート。2015年にブランドを休止していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。