ファッション
特集 百貨店アパレルに新風!

高島屋×ジュン、大丸松坂屋×ワールド&TSI、阪急阪神×D2C アパレル売り場は掛け算【百貨店特集2023】

有料会員限定記事

アパレルの売り場は“掛け算”でもっと面白くなる

百貨店が「場」を提供し、ブランドが服を並べて売る。かつて百貨店が消費のハレの舞台としての地位を保てていた時代は、それだけで共存共栄の関係を築けた。だが今や、百貨店にかつてほどの集客力はない。ブランドと膝を突き合わせて商品開発に踏み込んだり、D2Cブランドやサステナビリティといった新しい消費や価値観を提案したりと、これまでにない“掛け算”によって価値を生み出さなければ生き残れない。(この記事は「WWDJAPAN」2023年7月24日号からの抜粋です)

高島屋 × ジュン

ジュンは今春夏、高島屋と協業して開発した新業態「モア サロン エ ロペ(moi salon et ropé)」の展開をスタートした。5月12日に高島屋大阪店、6月7日に高島屋横浜店にそれぞれ1、2号店をオープンした。コロナ禍の中、反転攻勢の機をうかがいながら温めてきたプロジェクト。両社が膝を突き合わせて商品やイベント企画を考え、リアル店舗の価値を追求する。

「モア サロン エ ロペ」は、ジュンの主力婦人服業態「ロペ(ROPE)」と、ライフスタイル業態「サロン アダム エ ロペ(SALON ADAM ET ROPE)」のコンセプトを掛け合わせた。オリジナル商品や仕入れのアパレルに加え、コスメや食器などの雑貨を展開する。

横浜店は、元々3つのブランドが売り場を構えていた区画を広々と使った。「床面積当たりの売上高の効率を高めるという、従来の売り場のセオリーとは真逆の設計」(高島屋の嶋廻由希子・MD本部 婦人服・婦人雑貨部長)。中央にはポップアップスペースがあり、企画は月1回以上の頻度で入れ替える。6月のオープニング企画は器のブランド「ラ メゾン デ ヴォン(La Maison de Vent)」を手掛ける陶芸家、鈴木麻起子の展示会を実施した。大阪店や、今秋オープンする京都店でも、エリアごとに特色のある企画を準備する。

この続きを読むには…
残り2556⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。