ビジネス

バロックが全ブランド共通のポイント制度導入、「シェルマグ」もリニューアル

 バロックジャパンリミテッドが秋冬をめどに、全ブランド共通のポイントアプリを導入する。これまでECのポイントサービスは一部ブランドでの試験運用しかなく、店舗にいたっては紙のポイントカードを使うブランドもあった。一部ブランドでは店頭用のブランドアプリを導入していたが、全ブランド・全チャネル(実店舗もECも)でポイントサービスを共通化することで、ブランドごとのサービスレベルの均一化を図る。

 これまでブランドごとに溜まったポイントや購入額に応じて決まるステージは維持しつつ、今後はブランドを超えてポイントの使用が可能になる。既存のブランドアプリは利用を継続する。これに合わせて、自社メディア「シェルマグ(SHEL'MAG)」のリニューアルを実施する。詳細は未定だが、一方的な発信メディアからコミュニケーションの場へと刷新を目指す。

 同社は6月に10年近く使ってきたEC構築システムのリプレイスを終えたばかり。在庫についても西船橋にあったEC専用在庫を店舗用倉庫2拠点(北柏の自社倉庫と埼玉・東松山の佐川急便の倉庫)に置くことで一元化を実現した。秋冬に会員データを統合することで、システム面でのオムニチャネル化を完了する計画だ。裏側の仕組みが整った時点で「シェルマグ」を起点に販売員や顧客が集まる場を作り、店頭とECで同じレベルのコミュニケーションを提供したい考え。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら