フォーカス

バロックを直撃、インスタグラムはビジネスになるのか?

 バロックジャパンリミテッド(以下、バロック)が4月19日、新ECサービス「アミープラス(AMEE+)」をローンチした。2015年9月にスタートした自社のキュレーションサイト「AMEE(アミー、現在はシェルマグに統合)」の発展版として、同社が抱えるファッション・インフルエンサーのインスタグラムとECサイト「シェルター ウェブ ストア(SHEL'TTER WEB STORE)」をつなぐ役割を担う。インスタグラム上に投稿された商品が気になったファンは、各アカウントのホーム画面にあるリンクから「アミープラス」へ遷移する。「アミープラス」はインスタグラムをイメージした直感的なUI(ユーザーインターフェース)が特徴で、サイト上ではインスタグラムと同じビジュアルから直接EC商品を購入することができる。

 まずは同社販売員の室原彩夏や佐々木志穂、太田早紀というインスタグラマー3人と「マウジー(MOUSSY)」「スライ(SLY)」「アヴァン リリー(AVAN LILY)」の3ブランドのアカウントをサイトと連携する。今後は社外キュレーターや企業とも連携をしていく予定で、「アミープラス」導入を皮切りにしたECサービスの開発など、ECシステム市場への参入も計画する。同社事業はブランドごとの縦割り組織になっているため、新サービスを取り入れるかどうかはブランドごとの判断に任せられる。「マウジー」などのSNSを統括する松本つかさ・メディアマーケティンググループいわく、「ブランドごとにSNSへの注力の仕方も違う」。「アミープラス」についても、まずは乗り気なブランドがトライアルを始めた形だ。「『アミープラス』へ参加した販売員兼オフィシャルブロガーの室原彩夏らと連携し、投稿内容やSNSの潮流、加工方法などについて普段からやりとりをし、いかに顧客の購買意欲を喚起するかに注力をしている」。

 「アミープラス」を含む新規事業を手掛ける服部真也・経営企画室 Eビジネス推進グループ グループ長は、「初めて1週間ですでに6アカウントからECサイトへ約1万ユーザーを送客できた。購入コンバージョンも1%程度と非常に良い。今後は参加インフルエンサーを増やすことで、月間30万〜40万ユーザーを送客できるようにしたい」と意気込む。「アミープラス」発案の理由について、「自社の顧客がどこに溜まっているかを考えた時に、今の時代はインスタグラムだった。一からファンを集めるより集まっている場所に導線を作る方が効率がいい。すでに100万人のフォロワーを抱える自社アカウントがあるのに、従来インスタグラム上では直接ビジネスにつながらなかった。『販売員が来ている写真の服が欲しい』と考えるファンにとって親切な機能を考えただけだ」という。