ビジネス

ミラノのセレクトショップ「10 コルソ コモ」入居ビルが売却

 ミラノの有名セレクトショップ「10 コルソ コモ(10 CORSO COMO)」が入居するビルが、伊ファッションブランド「ツインセット(TWIN SET)」創業者で元オーナーのシモーナ・バルビエリ(Simona Barbieri)とティツィアーノ・スガルビー(Tiziano Sgarbi)に売却された。

 ビルのオーナーが代わったことで「10 コルソ コモ」への影響も懸念されるが、ドナート・メイノー(Donato Maino)=ディエチ(DIECI)最高経営責任者(CEO)は、「賃貸契約に関する取引は、通常の不動産取引の一環として行われている。ブティック『10 コルソ コモ』は、ディエチ社によるライセンスビジネスの1つ。『10 コルソ コモ』のコンセプトは今もこれからも変わらない」と説明する。しかし、同社は昨年29万3377ユーロ(約3600万円)の損失を計上。負債総額は現在1300万ユーロ(約16億円)に膨らんでいるという。

 バルビエリ新オーナーは4月に「ツインセット」のクリエイティブ・ディレクター兼ディレクターを退任。所有していた10%の同ブランド株式を、投資ファンドのカーライル・グループ(THE CARLYLE GROUP)に売却し、現在同投資ファンドが100%の株式を保有している。現在「ツインセット」はアレッサンドロ・ヴァリスコ(Alessandro Varisco)元モスキーノ(MOSCHINO)CEOが経営している。

 なお、パリの人気セレクトショップ「コレット(COLETTE)」は12日に閉店を発表している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら