ニュース

ディエチ コルソ コモがNYにオープン 市内の元魚市場に

 ニューヨークのロウアー・マンハッタンに位置するシーポート・ディストリクトに6日(現地時間)、ディエチ コルソコモ(10 corso como)のニューヨーク店がオープンした。総面積約2600平方メートルの1層の広大な店舗には、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「モンクレール(MONCLER)」「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(COMME DES GARCONS JUNYA WATANABE MAN)」などの人気ブランドのほか、世界有数の品ぞろえでオーダーも受け付ける「アズディン アライア(AZZEDINE ALAIA)」などのファッション、ジュエリー、食器やキャンドル、書籍などが並ぶ。

 ブルックリン・ブリッジを臨むイーストリバー沿いのシーポート・ディストリクトは、ニューヨーク市の歴史的建造物に指定されているエリア。19世紀初頭に改修された商業用の建築物が今なお現存している。一帯の開発は、ザ・ハワード・ヒューズ・コーポレーション(THE HOWARD HUGHES CORPORATION)が担当。かつては漁港だったため魚市場として使われていた建物を改修した店舗についてディエチ コルソ コモのカルラ・ソッツァーニ(Carla Sozzani)ディレクターは、「この場所を一目で気に入った。さまざまなカルチャーが入り混じるこの場所は、編集者出身の私が手掛けるディエチ コルソ コモにピッタリ」と話す。

 オープン初日となった6日の夜には、パーティーが開かれた。

 10コルソ コモは1990年、ミラノ市内のコルソ コモ通り10(イタリア語でディエチ)番地ミラノにオープン。現在はサムソングループ(SUMSUNG GROUP)との合弁でソウル、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)の子会社とともに上海、北京の店舗を手掛ける。日本ではコム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)とともに東京・南青山にもショップを持っていたが、2012年に閉店した。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら