ファッション

故・伊「ヴォーグ」編集長の息子の新作映画はVRでファッション界の暗部に迫る

 故フランカ・ソッツァーニ(Franca Sozzani)伊「ヴォーグ(VOGUE)」前編集長の息子で映画プロデューサーのフランチェスコ・カロッツィーニ(Francesco Carrozzini)の最新作「X-Ray Fashion」は、VR(仮想現実)でファッション業界のダークサイドにフォーカスする。同映画は8月29日から9月8日まで開催中の2018年「ベネチア国際映画祭(Venice Film Festival)」で上映される予定だ。

 カロッツィーニは同映画で「ファッションそのものを批判するのではなく、ファストファッションや環境や人々への影響、発展途上国の労働環境など、ファッションのある一面を容赦なく暴き出す」と語る。

 同映画はオランダのVRプロジェクト企業、マンド(MANND)が企画し、カロッツィーニが監督を、マイクロソフト(MICROSOFT)共同設立者で実業家のポール・アレン(Paul Allen)の制作会社ヴァルカン プロダクションズ(VULCAN PRODUCTIONS)が制作を手掛けた。イタリアの繊維企業、アルカンターラ(ALCANTARA)や気候変動に対する世界提携プログラムのコネクトフォークライメット(Connect4Climate)、世界銀行グループ(World Bank Group)などが協賛している。

 フォトグラファー、映像作家として活躍していたカロッツィーニは16年9月に自身の母を題材にしたドキュメンタリー映画「フランカ・ソッツァーニ:伝説のVOGUE編集長(Franca: Chaos and Creation)」で映画監督デビューを果たした。カロッツィーニはアナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ」編集長の娘ビー・シェイファー(Bee Shaffer)と7月に結婚したばかりだ。今後については、ジョー・ネスボ(Jo Nesbo)著のスリラー小説「真夜中の太陽(Midnight Sun)」を原作とした映画を19年に公開予定だという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら