ファッション

イタリア版「ヴォーグ」編集長死去

 長年イタリア版「ヴォーグ」の編集長を務めてきたフランカ・ソッツァーニが12月22日(現地時間)に死去した。66歳だった。

 フランカは1950年、イタリア・マントヴァ生まれ。イタリア版「ヴォーグ」の編集長を実に28年間務め、世界で最も影響力のあるファッション誌の一つに押し上げた。ちょうど息子のフランチェスコ・ソッツァーニが監督したドキュメンタリー映画が完成し、ベネチアの映画祭でプレミア上映されたばかりだった。妹のカルラ・ソッツァーニは、イタリアの有名セレクト「ディエチ コルソ コモ」のディレクターを務めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら