ビジネス

米ロレアルの革新的な新オフィスを覗き見

 米ロレアル(L’OREAL)がニューヨーク・マンハッタン中部から少し西に外れたハドソン ヤーズに本社を移設してから約1年が経った今、米「WWD」が新社屋を訪れた。同社は2025年に完成予定のビルの10階分を占め、延べ床面積は約3万8000平方メートルに及ぶ。内装は建築事務所のゲンスラー(GENSLER)が手掛けた。現在、1400人の社員が勤めている。

 新社屋の中には、オフィススペース以外にも多くの設備がそろう。「エッシー(ESSIE)」の新商品が試せるネイルサロンや食堂、自由の女神などが見渡せる約370平方メートルのテラスが隣接するカフェ、メディテーションルーム、約1100平方メートルのラウンジスペースなどを完備。メディテーションルームでは、ストレッチや瞑想のサービスを提供するほか、社員全員に“リラックス動画”を配信する。
 
 また、「ザ ビューティ ラボ(The Beauty Lab)」では実際の店内の映像を映すなど、バーチャルリアリティー(VR)体験ができる。VR店舗を作るのに、5000〜6000枚の写真を撮影し、組み合わせている。また、実際に消費者を招いてフィードバックをもらい、VRで即座に店内レイアウトなどを変更することが可能だ。

 「コンシューマー ビューティ ラボ(Consumer Beauty Lab)」ではシャンプー台を完備したヘアサロンが登場。消費者が「ロレアル」の発売前の新商品を試し、フィードバックする。

 社員向けのストアにはロレアル傘下の30ブランド以上を取り扱い、好評だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら