ニュース

東レが「21_21」でストレッチ素材の展覧会

 東レは5月30日〜6月4日、「21_21デザインサイト(21_21 DESIGN SIGHT)」で同社のストレッチ素材を使ったインスタレーション展「ストレッチ!展」を開催する。プロダクトデザイナーの寺山紀彦、キュレーター/デザイナーの熊谷彰博、アートディレクターの山野英之という3人のクリエイターと組み、来場者をバイヤーに限定せず、広くストレッチ素材の可能性を披露。同社は取引先であるアパレルや小売りに向け展示会を開いてきたが、一般向けに展覧会を開くのは珍しい。会場になる「21_21デザインサイト」のギャラリー3はこれまでカフェスペースだった跡地で、東レを皮切りに企業とのコラボスペースに生まれ変わる。

 「ストレッチ!」展では、新しいストレッチ素材PTT繊維を使ったプレミアムストレッチブランド「プライムフレックス(PRIMEFLEX)」を使用。高いストレッチ性やソフトに縮むストレッチバック性などの特徴を最大限に見せるため、直径3メートルの大型のバルーンのようなインスタレーションを制作する他、会場の形状を生かし、所々に「プライムフレックス」のテキスタイルを膜のようにして展示する予定。

■ストレッチ!展
日程:5月30日〜6月4日
時間:10:00〜19:00
場所:21_21デザインサイト ギャラリー3

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら