ビジネス

PVHコープ 「トミー」「CK」は好調だが17年は慎重な姿勢

 「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」や「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」を擁するPVHコープ(PVH CORP)の2017年1月期決算は売上高が前期比2.2%増の82億310万ドル(約9187億円)、営業利益が同3.7%増の7億8920万ドル(約883億円)、純利益が同4.2%減の5億4870万ドル(約614億円)だった。

 「カルバン・クライン」の売上高は同7.23%増の31億3520万ドル(約3511億円)、「トミー ヒルフィガー」は同4.1%増の35億1080万ドル(約3932億円)、「ヘリテージ ブランズ(HERITAGE BRANDS)」は同10.0%減の15億5710万ドル(約1743億円)だった。「カルバン・クライン」と「トミー ヒルフィガー」はともに売り上げを伸ばしたものの、北米市場は苦戦し、同社は「顧客の消費および来店客数の減少が大きな原因。特に観光地の観光客の減りが影響した」とコメント。「トミー ヒルフィガー」に関してはウィメンズウエア事業をG-IIIアパレル グループ(G-III APPAREL GROUP)に譲渡したことも響いた。

 エマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼最高経営責任者は「厳しい市場の中で予想を上回った結果に満足している。サステイナブルなビジネスを常に意識しつつ、新しい戦略を立てて顧客とのエンゲージメントを増やした。17年は荒れ続けるグローバルマーケットの中で、慎重なアプローチをとる」と語った。

【関連記事】

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら