ニュース

トウキョウベースが本日、東証一部上場

 「ステュディオス(STUDIOUS)」や「ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO)」を手掛けるTOKYO BASEは2月17日、東証一部に上場した。2015年9月に東証マザーズに上場した同社は、設立からわずか10年で昇格。初日は前日終値より50円安い3070円で取引を終えた。

 東京・日本橋の東証ではセレモニーが行われ、谷正人・最高経営責任者(CEO)が出席。長谷川勲・東京証券取引所執行役員から上場通知書を受け取り、木づちで記念の鐘を打ち鳴らし、飛躍を誓った。

 トウキョウベースは昨年、ステュディオスから社名を変更。今年の3月には東京ファッションウイーク期間中にコレクションの発表を、4月には初の海外店舗として香港のコーズウェイベイにセレクトショップ「ステュディオス」の路面店をオープンする予定となっている。

【関連記事】
■TOKYO BASEが東証一部上場へ 売出価格は1株3283円
■TOKYO BASEが香港進出、2017年4月に「ステュディオス」路面店をオープン