ビジネス

繊維産地発メンズブランドが好調 極薄のナイロン生地でクラシコスタイル

 石川県に拠点を置くテキスタイルメーカー、カジナイロンが手がけるファクトリーブランド「ティモーネ(TIMONE)」が好調だ。シーズンを重ねるごとに販路を拡大しており、2017年春夏シーズンの売り上げ(卸ベース)は、前シーズンの1.5倍になった。地方のセレクトショップを中心に支持を集め、高島屋や和光など百貨店にも広がっている。

 同社は極薄のナイロン生地の開発に強く、「モンベル(MONT-BELL)」「パタゴニア(PATAGONIA)」など国内外の有力なアウトドアやスポーツブランドに生地を供給するなど、世界有数の合繊テキスタイル産地として知られる北陸で、トップ企業の一つ。

 「ティモーネ」は40〜50代の男性をターゲットに、自社のナイロン生地をイタリアン・クラシコスタイルのメンズブランドに仕立てる形でスタート。2016−17年秋冬からはミラノのモードブランドでデザイナーをしていた内柴有美子を起用している。2017−18年秋冬は、上着とボトムスを小さく折りたためるパッカブルのラインや、極薄のナイロン生地とニットをボンディングしたストレッチ素材シリーズ、極薄のダウン素材「シンダウン」を使ったジャケットなど、トラベルをテーマに持ち運びやすさを打ち出した。内柴デザイナーは、「日本の合繊素材は間違いなく世界でもトップレベル。ウエアもいろいろな人種に着てもらえるようなグローバルスタンダードを目指している」。

【関連記事】
■ココ・シャネルも使った英ツイード「リントン」のメンズ服登場
■薄くて軽い特殊ダウンを繊維商社が本格展開

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら