ファッション

「バリー」が運営体制を再編 デザイナーは昨年末で退任

 「バリー(BALLY)」は、7月にクリエイティブ関連の業務を担うロンドンのオフィスを閉鎖し、ショールームなどがあるミラノ、もしくは財務とオムニコマース機能などを担うスイス・カスラーノのオフィスに集約する。同ブランドは現在、マーチャンダイジング、デザイン、PR、マーケティング機能をロンドンに置いているが、市場の動向に素早く対応しビジネスのスピードアップを図るために再編を行う。

 フレデリック・ドゥ・ナープ(Frederic De Narp)最高経営責任者(CEO)は、「(別々の場所にある各部門は)同じ屋根の下で運営し、クリエイティブ部門は商品開発部門と密接に関わる必要がある。今の時代、われわれブランドはマーケットより早く動かなければいけない」と話す。また、ドゥ・ナープCEOは、2014年からデザイン・ディレクターを務めてきたパブロ・コッポラ(Pablo Coppola)が昨年末で退任したことを認めた。今後は社内のデザインチームでコレクションを手掛ける。ミラノ・ファッション・ウイーク期間中の2月23日には、初めてウィメンズとメンズを統合したプレゼンテーションを実施する予定だ。

 同ブランドは今後、売り上げの37%を占めるウィメンズに注力し、20年までには50%までに引き上げるという。4月にニューヨークに旗艦店を出店するアメリカ市場については5年で売り上げを現在の3倍にする計画で、日本市場の拡大にも力を入れる。また、運営体制にもテコ入れを図り、新たにチーフ・クライアント・オフィサーと最高執行責任者のポジションを設ける他、小売や卸、マーチャンダイジング、ファッションの各部門の統括役を指名した。さらに、3月には生産拠点をトスカーナにある1400平方メートルの新施設に移す。

【関連記事】
■「バリー」もメンズとウィメンズを同時発表
■「バリー」が一部商品の価格改定

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら