ビジネス

「ハッピーソックス」を英投資会社が92億円で買収

 イギリスの投資会社、パラモン キャピタル パートナーズ(PALAMON CAPITAL PARTNERS 以下、パラモン)が、カラフルな靴下で知られるスウェーデンブランド「ハッピーソックス(HAPPY SOCKS)」をスコープ グロースIII(SCOPE GROWTH III)から7億2500万スウェーデンクローナ(約92億円)で買収した。パラモンはさらに4000万スウェーデンクローナ(約5億800万円)を投資し、ビジネスの拡大を図る。

 「ハッピーソックス」は2008年にミカエル・ソーデリン(Mikael Soderlindh)とヴィクター・テル(Viktor Tell)が設立した。現在は90カ国以上に1万以上の販売拠点を構えるグローバルなブランドへと成長。16年の売上高(小売りベース)は1億ユーロ(約121億円)に上った。創業者の2人は今後もブランドに残る。

 一方、パラモンはヨーロッパを中心に活動する投資企業で、過去にはイタリアのレザーグッズブランド「イル ビゾンテ(IL BISONTE)」やイギリスの化粧品ECサイト「フィールユニーク(FEELUNIQUE)」、デザイナーズブランドを取り扱うドイツのECサイト「ドレス・フォー・レス(DRESS FOR LESS)」に投資していた。

【関連記事】
「ハッピーソックス」が初の路面店を原宿にオープン
補正下着のダイアナ、20代向けアパレルを買収
ルックスオティカがエシロールと5兆円で合併
RIZAPグループがジーンズメイト買収 V字回復へコミット

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら