ファッション

「ヒステリア」デザイナーに聞くスウェーデンと日本の共通点

 スウェーデン発「ハッピーソックス(HAPPY SOCKS)」から、ウィメンズ向けのハイエンドブランド「ヒステリア(HYSTERIA)」が登場した。「ハッピーソックス」の原宿店内のポップアップショップ開設を機に来日したデザイナーのパウラ・マッソ(Paula Maso)にブランドのコンセプトやソックスについて聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):「ヒステリア」をスタートしたきっかけは?

パウラ・マッソ(以下、パウラ):「ハッピーソックス」はメンズの売り上げが高いので、女性向けの独立したブランドを作り、スポーティーなものからドレッシーなものまで提案しようという目的よ。約1年半前から、このプロジェクトをスタートしたわ。

WWD:「ヒステリア」と「ハッピーソックス」の違いは?

パウラ:「ハッピーソックス」はシーズンレスで、素材やクオリティーが決まっている。「ヒステリア」は、もっと季節を意識したファッション性の高いブランド。素材もナイロンやカシミヤなどさまざまな素材を使用する。でも、あくまで「ハッピーソックス」の持つ、ちょっぴり風変わりでハッピーな世界観は共通よ。

WWD:「ヒステリア」をどのような女性にはいてほしいか?

パウラ:世界中を旅する女性。ドレスアップすることもあれば、ドレスダウンもする、シーンによって違う装いをする、多様性を持った女性。

WWD:ソックスとファッションの関係については?

パウラ:ソックスは単なる日用品の一つとしかとらえられていなかった。それを変えたパイオニアが「ハッピーソックス」よ。ソックスは、ファッション同様、見せて楽しむもの。スウェーデンでは日本と同じく、室内で靴を脱ぐ習慣があるから、他の国よりずっと気を使うと思う。

WWD:独特な形をしたソックスだが、どのようにデザインする?

パウラ:確かにデザインするのは難しいわ。機械によるけど、通常使用できるカラーは7~11色。伸縮性とかいろいろな要素があるし、隠されたディテールの表現をどうするかなど、いろいろ考えなければならない。

WWD:「ヒステリア」をすてきにはきこなすアドバイスは?

パウラ:ファッション好きの女性に向けて作っているから、それぞれの感性に合わせて自由にはきこなしてほしい。ソックスでも自己表現できると思うわ。長持ちする心地よい素材を使っているから、ちょっとラグジュアリーな気分になれると思うわ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。